ほうれい線を消す方法は?

できてしまったほうれい線を完全に無くすことはできません。それでも、しょんぼりしないでください。肌のお手入れ次第では、ほうれい線を薄くすることは可能です。そうして、最初の肌のお手入れで低くなったほうれい線を、化粧で目立たなくすることができます。今回はその化粧術をご説明します。

ほうれい線を目立たなくするメイク術

hiarodeep09
メイク前のスキンケア

 

メイク前のスキンケアは、保湿という点でほうれい線をこれ以上悪化させないために必要です。洗顔できちんと汚れを落としてからメークアップ水、美貌液、乳液などを使い素肌にバッチリなじませてください。しみ落ちの良い洗顔料金って謳われているものの中には、素肌に必要な皮脂まで奪ってしまいドライの原因になり、ほうれい線が悪化するケーので、注意しましょう。

基盤を作る

毛孔被いに選べるシリコン製の基盤は、素肌の凹凸を滑らかにできる結果シワを目立たなくする効果もあります。もう一度ファンデーションを塗った下部も、シワの中にファンデーションが溜まってくれるのを防いでくれる。シワを目立たなくするための基盤の塗りヒトは、準マットに取りまとめることがコツです。

また、UVをカットしていただける化粧品を選ぶほうが、ほうれい線方策には効果的と言えます。UVはほうれい線だけでなく、ちりめんジワや乾燥肌にとっても目の敵なのです。

コンシーラーのやり方

コンシーラーはべったりと塗ってしまうと、返ってほうれい線を目立たせてしまいます。まだまだ明るめのトーンで、微少を素肌にのせたら薬指で叩くように素肌になじませていきます。ほうれい線を目立たなくするためには丁寧に、数回繰り返しましょう。最初は光沢イメージのあるイエローやオレンジつながり、その後は明るめの肌色のコンシーラーを使用します。

ファンデーションのやり方

ファンデーションをほうれい線の部分に塗ったら、スポンジで五分五分といったたたき込んで下さい。ファンデーションが厚すぎるってズレの上に溜まってしまうので、厚塗りにしないことが鉄則です。厚塗りにしないためにも、スポンジを上手に使ってください。

でも依然ほうれい線が目立っているからには、見せ場を入れてください。たとえばパール入りの見せ場を気になるロケーションにのせるため、灯の効果でほうれい線が考えにならなくなるという術だ。片影が思えなければ、ズレは際立ちづらくなります。

メイク手直しの術

hiarodeepp

メイク手直しをするところチェックするのは、ほうれい線にファンデーションがよれ込んでいないかという点だ。メイクはスパンのプロセスと共に段々と崩れて、ファンデーションなどがよれてしまう。メイクを直そうと、そのよれた上にファンデーションを重ねてしまうと、ファンデーションが厚塗りになり、アッという間にまたメイク偏りが起きてしまいます。

ではティッシュなどでよれた部分のファンデーションをやさしく取り除いてください。そうしてもう一度ファンデーションをスポンジで叩くように丁寧に塗りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です